奇跡の占い試してみたら!
奇跡の占い試してみたら!

【二人の出会い】プールで泳いだ後、嫁「ねぇ、私が何回かあなたと触れたけど、興奮してた?」と問いかけられ・・・

スポンサーリンク
リンク表示のタイトル
女と男の薄毛に気をつけよう!!!
女と男の薄毛に気をつけよう!!!

社会人になって3年後、プールでデートする事になった。そこで、彼女から「私、あなたと一生幸せに暮らして行きたいの。だから、結婚、しよ?」 >> ドルフィン嫁はしっかりもんだ。

引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.net/tomorrow/1285591289/

354: ドルフィン少女1 2011/01/14(金) 01:38:46

夏の放課後、プールからは、水泳部の練習の音が聞こえてくる。

水泳部の悪友に「ビューポイント」に連れられ、練習中の風景を見させられる。

そんな中、とにかくクロールが速い奴が居た。

女の子のようだ。

スクール水着のお陰か、スレンダーな体型がくっきりしている。

プールから上がったその子を見て「あれ、ドルフィンだよな?」と悪友に聞くと、悪友は「そうだよ、学年のアイドルのドルフィンこと○○さんだよ」と。

彼女は、クラスでは美人で、勉強も出来て、運動は得意で、性格の良く、調理実習では最高に美味しい料理を作れる女の子。

男子の評判も当然良い。

彼女が水泳部のエースだったからか、ドルフィンって呼ばれていた。

一方の俺はだな、スポーツはできるが嫌いで、スケッチが上手だった。

んで、水泳部の奴と委員の仕事がホームルームで決められる。
その時、俺と彼女が同じ図書委員になってしまった。

図書委員の仕事を結構続けているので、本の仕分は得意な方だ。

彼女と仕事をしている時、彼女から

「××くん、この前、私が練習しているの、見たでしょ?」

「それで、どうだったの?」

それの返事が「水着姿の・・・お前、可愛かったなぁ、あ、それと速かったな」

なんてやり取り。

彼女は「え、どういう事?」と。

「あ、その、一目惚れって本当にあるんだなって。」

「もしかして私の事が好きなの?」と彼女。

俺は「そうなんだよ、お前が好きなんだ。今度暇なら付き合ってくれ」

「うん、いいよ。じゃあ、今度の土曜か日曜、デートに行かない?」

「じゃあ、日曜日で、場所は?」「室内プール・・・って、ダメ?」と彼女

「ああ、そこでいいさ。」

355: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/01/14(金) 03:20:42
もげる用意

358: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/01/14(金) 12:20:11
プールだけに潜る用…

363: ドルフィン少女2 2011/01/14(金) 18:22:11

デートの日。

プールを覗いた時と同じ格好で彼女は現れた。

彼女は「あの時と同じ格好にしてあげたよ。」と言う。

間近で彼女を眺め続けていると「へぇ、あなたって仲良くなんだね。」なんていわれた。

更に彼女が好きになってしまった。

プールでは「泳ぎ方の特訓」として、彼女と一緒に泳いでいた。

泳いでいるのを、彼女がずっと横から見てくれている。

そして、彼女が「もっと力を抜いて」とか「もうちょっと足をこうして・・・」とかアドバイスをくれた。

ある程度上達してきたところで、「どっちが速いかやってみない?」と彼女が言う。

当然負けたけどね。

「ちょっと息継ぎのタイミングが悪かったわよ」とか

「手の動きをもうちょっと直したら」とか、色々アドバイスされた後、

「もう一回しよっか?」と言われ、今度は彼女に僅差で勝った。

「あなたが勝ったから、今からご・褒・美」と言われ、帽子とゴーグルを外した彼女と初めてのキスをした。

「お腹も減ったし、お昼にしよっか。公園で食べましょ。」と言われ、プールから出る。

一旦公園に行き、彼女が風呂敷に包んだ弁当箱を出す。

冷めていても美味しい匂いがする。

「私、毎日お母さんにお料理教えてもらってるんだ。」と言う彼女。

二人で一緒にお昼を食べて、ある程度楽になってきた時、

「ねぇ、私が何回かあなたと触れたけど、興奮してた?」と問いかけてくる。

「もちろん興奮したさ。だって、お前、美人でスレンダーだし。」と返事する。

「やっぱり私を見たら興奮するんだね、男の子って。」と、嘲笑染みた返事が返ってきた。

その後は、ショッピングセンターで、彼女の洋服やらを選んであげた。

大学は違う大学になったが、それでも、結構デートをしてた。

社会人になって3年後、例のプールでデートする事になった。

そこで、彼女から「私、あなたと一生幸せに暮らして行きたいの。だから、結婚、しよ?」

と言われ

「俺も、いつ結婚しようか悩んでたんだ。お前と一生幸せに暮らしてたい。」

それからすぐに結婚、その1年後、長女と次女が誕生してきた。

彼女はいきなり子育てで忙しくなってしまった。

でも、俺も彼女も子育ても好きだし、二人で愛し合っている。

彼女は「あなたに嫁いで幸せよ。」と今でも言ってくれる。

コメント

  1. 匿名 より:

    童貞のおっさんが考えたテンプレ創作

  2. 匿名 より:

    むしろエロゲのあらすじって感じ

  3. 匿名 より:

    なんで口調が小説調なん