【二人の出会い】嫁はとんでもなくレベルが高い美人、しかも純粋だった。俺はラッキー(笑)

おすすめ記事
スポンサーリンク

cms-archiv / Pixabay

 #出会い 何もない俺が彼女みたいな上物を引き止めるには、「遊びじゃない、本気なんだ。結婚を考えている」というコトを前面に押し出すしか手がなかった。 >> なるほど…

引用元: ・http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1127314106/

411: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/23(月) 15:39:36
(俺からしたら)どんでもなくレベルが高い美人、しかも純粋だった。
美人って自分に自信があるから、その手のコトに焦らないし、無理しないんだな。
超然としてる。
普通に男友達もいたし、男性恐怖症という感じでもなかった。
けど、俺と出会ったときは、ちょうど友達がばたばたっと結婚してたんだな。
一月に3度もツレの結婚式に行ったらしいw
さすがの嫁も「私ももうすぐ24だし、そろそろ”そういうコト”に本気にならなきゃいけない時期なのかな?」と何となく思ってたらしい。
その時期に当たった俺はラッキーだった。
.
俺はそのとき25だったし、まだまだ全然「結婚」なんて考えてなかったけど、嫁と出会ってやってすぐ「結婚してくれ!」って言っちゃったもんな。
金ナシ、顔普通、家柄だけマアマア。
何もない俺が彼女みたいな上物を引き止めるには、お付き合い続けるには「遊びじゃない、本気なんだ。結婚を考えている」というコトを前面に押し出すしか手がなかったから。
後悔はまるでない。
毎日、嫁の顔・体を見るたびに「あー、あん時、無茶だったけど、ヤケクソだったけど思い切って『結婚してくれ!』って言っといて良かった~」 と思う。
あそこで勇気出していなきゃ、この子とは結婚できず。
そこそこ普通の、俺と似たようなレベルの女と結婚してただろうから。
.
教訓: 人生、時にはムチャも必要です。
.
ここぞという時は、思い切ってバクチ打って強引に。
その為にも、普段から運は貯めておきましょう。
セコいバクチ、パチやスロで運を散在せぬように。

こちらも読まれています

シェアする

スポンサーリンク