奇跡の占い試してみたら!
奇跡の占い試してみたら!

【二人の出会い】俺、激務と嫌がらせで心身不調。元嫁、パに明け暮れ。で、カウンセラーの嫁に出会う。

スポンサーリンク
リンク表示のタイトル
女と男の薄毛に気をつけよう!!!
女と男の薄毛に気をつけよう!!!

eommina / Pixabay

というわけで俺としては特に何の努力もしてないのだが、なんだか運命に導かれるようにとんとんと結婚に至った。 >> そうか。よかったんじゃないか。今度こそ、お幸せに。

引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.net/tomorrow/1151735435/

713: 名無しさん@お腹いっぱい。

俺が激務と上司の嫌がらせによる心身の不調まっただ中にいたとき、元嫁は、パに明け暮れ週の半分は実家に帰り、仲良くレスは当然として、気遣いの言葉ひとつ無し。

毎日インスタントか買った総菜。
嫁のカラダに触れるのは、俺が嫁を肩もみするときのみで、彼女から俺のカラダへの気遣いは無し。

何をやってもうまくいかない時というものはあるもので、その十数年前から実家はごたごたしていて俺の帰る場所は無く、せっかく回り始めた大きな仕事も上司の悪意で潰され、自分の誇りも仕事も自分の家庭も、みんな失ってしまい、疲れ切って死を考えていたとき、今嫁に出会った。

721: 名無しさん@お腹いっぱい。
>>713

 

714: 713続木

今嫁は当時プロのカウンセラーというか、そういう業務についていて、その分野では才能があったらしく一部で有名だったらしい。

俺がある研修に参加したところ、お忍びで彼女もそこに居た。

研修の最中には俺とほとんど接触はなかった。

半年くらいかけた研修の最終日、皆なんだか名残惜しい雰囲気になり、参加者の間で連絡先の交換をして「今度飲み会でもしましょう」と盛り上がった。

彼女はさっさと帰ったらしくもう会場には姿が無かった

715: 713続木

俺が車をまわして帰る途中、彼女が歩いて帰るのに遭遇した。

研修が終わった開放感と仲間意識で少し気分がマシだった俺は、何の気無しに彼女に「みなで飲み会をするって話なんで、良かったら連絡先を教えてください」と声をかけた。

ちょっとためらったあと彼女は、素直に連絡先を教えてくれた。

俺は直前にメモした他のメンバーの連絡先を示し「写しますか?」と訊いたが、彼女は断って会をするときは連絡をくれと言った。

716: 713続木

あと長くなるのでかいつまんで書くと

・その後、道ばたに植えられた花を見ながらしばらく立ち話。

・今嫁はなかなか美人だが、俺妻帯者でかつボロボロだったこともあり恋愛感情無し。

・彼女の友人込みで、知り合いとしてのつき合い。

・当時俺、精神的に不安定で、発作的に飛び込む衝動があったりして自分で怖くなり、遺書携帯。

・主に今嫁からのけっこう執拗なメール。

・いちど(俺が紹介して図書館になかった)本を貸すときに茶店で会う。はっきりいってめんどくさかった。

・その時に「あなたは死を考えているように見える」「あなたの境遇はきっと良くなる」と言われる。

・俺ガーンとくる。誰にも言ってないのに。

・「これだけ言えたので、もう私のお役目は終わった」と言って今嫁連絡を絶つ。

・ああ、人に言われるようじゃ俺もうダメだと身辺整理。元嫁に貯金半分渡して離婚。上司と決別(世間的/仕事上うんと不利だが死ぬよりはマシ)。一年かかった。

・離婚後半年ほど経って、独り暮らしが落ち着いた頃、研修仲間とのBBQあり、そこに今嫁が来た。友人づきあい復活。

・元嫁の食事が悪くて俺の体調が悪かったのを、定食屋紹介や手作りお総菜なんかをくれたりして助けてくれた。(実は茶店で会ったときも総菜パックをくれていた)

・当時今嫁は見合い話が進んでいた。相手は地方の名士の息子。

・なんやかんやあって、俺とつき合い、結婚することになった。

こんなところか。長文すまん。

717: 名無しさん@お腹いっぱい。
最後の2行付近が重要だろw

718: 713続木

>>717
すまん。なるたけ短くいくよ。
>・当時今嫁は見合い話が進んでいた。相手は地方の名士の息子。

相手は当時新進の実業家で、俺なんかより学歴良くよっぽど稼いでいた。

どうやら俺と彼女が親しくしているのがネックになって尻すぼみに終了。

何しろ名家だからな、興信所くらい使っただろう。

当時俺は恋愛感情どころではなかったのだが、彼女はかいがいしかったよ。

あと義母になるひとが息子の家計に全部クチを挟むらしく、彼女としても幸せになれるとは思ってなかったようだ。

>・なんやかんやあって、俺とつき合い、結婚することになった。

彼女は当時いい歳だったので、職場の上司や社長レベルくらいからも正式な見合い、さりげない見合いが山ほどふっていたらしい。

あと、同世代の男たちからのアプローチも激しかったようだ。

で、なぜか俺が彼女にからむと、その話が次々終了したらしい。

例えば知り合ってまもなく彼女にアプローチしてくる男の電話は、なぜか俺からの電話で話し中か、彼女が俺と出かけている間にかかることになっていた。

というわけで俺としては特に何の努力もしてないのだが、なんだか運命に導かれるようにとんとんと結婚に至った。

家族親戚知人友人、みな結婚を勧めたし、誰も反対しないし、トラブルも起きなかったな。

719: 713続木

最初に声をかけたときに、嫁はなんかけぶるような目で俺を見たんだよな

俺の頭の後ろあたりを見ているかのようで、変わった人だなと思った。

あとで解ったのだが、彼女は人間の何らかの雰囲気というものに凄く敏感で、カウンセラーとしての才能もその資質がずいぶん与っているようだ。

とにかく喫茶店で自分というものを見破られて以来、俺は彼女には何か恩義というか縁みたいなものがあるんだよ。

そういう意味では何かが我々を引き合わせて見合いをさせてくれたのかなとも思う。

720: 713続木

こんなところで。

では名無しに戻ります