【二人の出会い】嫁はだいぶ年上だが従順。その嫁が「実はね…」自分の過去を喋りだした…

スポンサーリンク
リンク表示のタイトル
女と男の薄毛に気をつけよう!!!
女と男の薄毛に気をつけよう!!!

takazart / Pixabay

嫁「こんな私だけど、ほんとにお嫁さんにしてくれるの」、俺「嫁子は、俺を幸せにしてくれるか」、べそかいてぐしゃぐしゃな顔でニコっとうなずく嫁。 >> よかったじゃないか。

引用元: ・http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1418025652/

687: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/28(土) 19:33:54.83

もう、かなり前の話だけど、俺が嫁子と知り合ったのはスナック。

飲み屋のねえちゃんだ。

俺、大手企業に勤めていて、支店長と先輩に連れられて店に行った。

地方都市では、大手企業の支店長ともなるとお偉いさん待遇。

接待や来客時によく利用していて、うちは上得意様で支店長とママも懇意になっている。

そこで嫁子に一目ぼれ。おかっぱヘアで切れ長の目、妖艶なアイメイクにシャドウ。

俺の好みど真ん中だった。

かなり古いがDESIREを歌っていた頃の中森明菜を想像してくれ。

よく似ているし、俺こういうのにメチャ弱いんだ。ママにカウンタの女のコ紹介してと言ったら、「嫁子ちゃーん、ご指名よ~」で嫁子が俺の隣に座った。

実は俺まったくの下戸で夜の街にはうとい。

どういった会話をすればいいのかもわからずにしどろもどろ。

嫁子もスナックでの接客に不慣れという感じで、ママが助け舟出してくれたけどたいした話もできなかった。

支店長が「俺男、嫁子ちゃんが気に入ったのかぁ。ママ、二人をよろしく頼むよ」。

ママ「お任せください!!」

なんか、俺的にはうれしい方向にすすんだ。

ママさん、この界隈でかなり顔が利いて、世話好きな人らしい。

実は嫁子はある事情で嫁子両親から頼まれて叔母にあたるママが預かっている状態。

俺は支店長の部下として、信用保証がついている形だし。

俺が嫁子よりもかなり年下という点と下戸なのを除けば、大手企業に勤めているごく普通の若者。

嫁子の相手としてママのお眼鏡にかなったというところかな。

688: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/28(土) 19:34:20.25

日後に嫁子から携帯に電話が来るようになった。

同伴出勤のお誘いだった。

お店が暇な時に俺の仕事が終わるのを待って、同伴出勤するようにママから嫁子に指示が飛んだみたい。

そんな時は、ママの好意で嫁子はずっと俺の横にいて、だんだんと打ち解けるようになった。

俺もこうなってくると、嫁子にちゃんと接しなくてはと思い、付き合うようになった。

何度かデートしたが、まったくもってプラトニックな関係。

支店長やママの顔に泥を塗るようなことはできないし、なによりも水商売の女性を落として遊ぶような男に見られるのがいやだった。

嫁子とそんな関係から始めるのは、もっといやだったし。

俺の好みど真ん中の女性だから、大事にしたかった。

俺はクルマ好きなので、もっぱらドライブが中心。

さすがに昼間と夜ではメイクが違うので、おかっぱヘアが浮いて見える。

(笑)夜のメイクだと、へルタースケルターのりりこだけど昼のメイクだと中森明菜だな。

嫁子、俺よりもだいぶ年上なんだけど至って従順。

時々、憂いがある表情をする瞬間があるし。

俺とのデート楽しくないのかな?なんて思ったりしていた。

それでも、デートの誘いにはいつも応じてくれるし、お店が休みになる日曜日は
いつも一緒にいるという関係になった。

年下彼氏として、段々と甘えることも許してくれた。

男女の関係まではなかなかいかなかったが、俺いつも嫁子の膝枕でゴロニャン状態。

689: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/28(土) 19:35:08.62

そんなこんなで一年ぐらいすぎて、ママから「そろそろ嫁子ちゃんとの結婚どお?」と。

そういえば最近の嫁子は明るくなったなぁ。

数日後、意を決して嫁子にプロポーズした。

そしたら、嫁子はいきなり泣き出した。

「俺との結婚いやなの?」と聞くと、首を横に振る。

嗚咽しながら、「実はね・・・」 自分の過去を喋りだした嫁子。

ここでは詳細は省くが、要は不倫、妊娠・堕胎の挙句、相手からは捨てられて自暴自棄。

相手家庭との揉め事で精神的にも病んでしまって、実家から遠く離れた叔母のところで再出発をというところ。

「話したくないなら話さなくてもいいよ」と言ったのだが、「これだけは話しておかないと、こんな私をお嫁さんにして、後悔して・・・というのはいやだから」。

そして最後に「こんな私だけど、ほんとにお嫁さんにしてくれるの?」

で俺のターン「嫁子は、俺を幸せにしてくれるか?」

そしたら、べそかいてぐしゃぐしゃな顔でニコっと微笑んでうなずく嫁子。

「うん、がんばるね」「じゃぁ、決まりだな。結婚しよう」。

それから嫁子はまた号泣。

不倫の泥沼は褒められたものではないが、あくまでも俺と知り合う前の話。

そんなことまで追求なんかしない。

これからが大事だし、俺を幸せにしてくれるなら、俺も嫁子を全力をあげて幸せにする。

ママにも報告。

嫁子の経緯も理解していると。

そして嫁子の実家へも。

義両親には、かなり頭を下げられて「こんなバカなことをした娘だが、よろしくお願いします」。

うちの親は、あっさりだから、俺が決めたのならそれでいいと。

支店長に仲人をお願いして結婚へと。

それから10数年。

年上の嫁子はアラフォー世代に。

子供も2人できた。

690: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/29(日) 01:02:04.30
>>689
今後とも大事にしてあげてください。
良いお話を感謝なり。

691: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/29(日) 02:29:10.05
>>689
良い話っぽいが地雷臭プンプンだな。
こんな女と結婚しちゃいけないスレの大基準2つか….

692: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/29(日) 09:57:13.82

まあ大事なのは同じ過ちを繰り返さない事だからな

過去の過ちを嫁さんが心底悔やんだなら、今の幸せをぶち壊す様な事はせんだろ

幸せにな

しかし懐の深い男だなあ すげーよ

俺はその過去を聞かされたら少し引いてしまうかも知れん

ええどうせ小さい男ですよどこもかしこもorz

695: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/29(日) 18:46:29.82
正直読んで地雷臭しかしねーなと思ったんだが同じ奴いたか
>>689に幸あれ