【二人の出会い】俺(小学生)が痴漢に遭い嫁に助けられる。痴漢も嫁も俺を女子だと…

おすすめ記事
スポンサーリンク

嫁が高校三年の時、大学受験シーズンに交通事故にあった。付き合い始めたのは、大学生からなんだ >> 知り合うきっかけは痴漢問題、付き合うきっかけは嫁の交通事故か。人生だ。

引用元: ・http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1436205919/

516: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/21(月) 23:54:49.95

俺と嫁の馴れ初めは

俺が痴漢にあってたところを、嫁に助けられた事

こんなんだから、リアルじゃ話した事はないwww

517: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 00:04:44.20
>>516
じゃあ、ここで

518: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 00:37:54.32

>>517
了解

小学生の時の夏休み、電車に一人で乗ってたんだ。朝早い時間だったから、ほどほどに隙間がないくらい混んでた。

そしたら、尻を触られた。

最初は気がつかなかったんだか、明らかに揉まれはじめてた。

びっくりしたのと、恥ずかしさで半泣きになっていたら、背中に何かが当たったと同時に、尻を触っていた手が離れたんだ。

恐る恐る振り替えってみたら、高校生の女の子が、持っていた荷物で、ガードしてくれてた。

それが今の嫁。

519: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 00:47:43.14
>>518
えっと、自分は女で、レズ婚ってことか?

520: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 00:49:06.95

お前小学生で嫁高校生か!なんか俺は年上の彼女と付き合っていたから興味深々。

521: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 00:53:19.32
尻触ってたのも嫁かもな。
ていうか、小学生の男の子が痴漢にあうというシチューエーションがよくわからん。

522: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 01:05:07.28

>>519
男ですwww

ただ、女の子に間違われる位、なよなよしかったというだけ

ちなみに、嫁も途中まで勘違いしてたw

>>520

付き合い始めたのは、大学生からなんだ

片思い六年が実った嬉しさは半端なかった

時々見せる甘えモードが可愛すぎる。

普段は年上だからって意識があるから、なかなか甘えたくないとか

523: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 01:06:21.83
>>522
で、突き合うまで色々あったんだろ。
そこをkwsk。

524: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 01:35:07.25

>>523
kwskサンキュ

長くなるぜ

痴漢から助けてもらった後、俺、お礼言えなかったんだ。

驚き過ぎて「すみません」としか言えなかった。

電車降りて、落ち着いてから、お礼言ってない事に気がついて、かなり落ち込んだ。

それから一ヶ月くらい後の、夏休みが終わって少し経った頃に、学校からの帰り道で嫁とすれ違った。

ただ、一緒いた友達に痴漢されたことをバレるのが嫌で、声をかけられなかった
俺が嫁にお礼を言えたのは中学一年生の時。

「去年の夏、電車で助けてくれてありがとうございます」と言ったが、俺を女だと思っていた嫁は、学ランを着た俺に気がついてくれず

痴漢まで言わされるという羞恥プレイは、今ではいい思い出www

ちなみに、学区こそ違ったが家は徒歩十分の距離だった

それからは、道ですれ違っては話す関係に。

嫁にとっては弟みたいな存在、俺は日に日に嫁に惹かれて行った

525: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 01:41:49.29
①①①①

527: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 11:08:41.71
起きたら続きよろ

528: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 11:33:03.48

ウトウトしてたら

途中で送ってた…orz

嫁が高校三年の時、大学受験シーズンに交通事故にあった。

後遺症は残らなかったものの、怪我が酷く、嫁は受験が受けられず進学出来なかった

見舞いに言ったら、包帯でグルグル巻きの嫁がいた。

こっちを向いて笑った顔を見た瞬間、俺は泣いた。

「相変わらず泣き虫だねw」 自分のが痛いし辛いのに、よしよし、と俺の頭を撫でてくれた

「生きてただけでも儲けもの」と口では言っていたが、かなり悲しそうだった

なんか言わなきゃいけないと思った俺は「俺も○○大学行きたいんだ!来年、嫁ちゃんが受かって、四年後俺が受かったら、一年は一緒だから、一緒に大学通おう!」と言った。

嫁は笑いながら「そうだね、そしたら一緒に行こうね。でも、それには、もう少し勉強頑張らないとwww」と言ってくれた。

それから、中の中の位だった成績を、大学受験までに上の中位まで上げた。

嫁は事故の次の年、見事合格。

俺は結局はAO入試で合格だったwww

529: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 11:36:27.85

 で、大学の入学式の日の夜、お祝いを持って来てくれた嫁を、公園まで散歩にさそった公園のベンチで桜を見ながら話をした

昔話になったところで、今しかないと思い、俺は嫁に気持ちを伝えた。

「俺、嫁ちゃんの事が、ずっと、好きなんだ。電車で助けてもらって、話すようになった頃から」

「え…」

「もし、嫌でなければ、俺と付き合ってくれないかな?」

俺がそう言うと、嫁はだまってしまった。

何かを考えている。

心臓がはち切れんばかりに動いてた。

短いような長いような時間が経った後、嫁がしゃべった「これから、就活とか、卒論で、あんまり一緒にはいれないよ?それに、私年上だし。知ってるよね、事故の傷だって残ってるし………いいの?」

「嫁ちゃんがいいんだよ。もう六年片思いしてるから、年上なんて気にしないし、付き合えるなら、一年くらい待つよ。傷だって、俺は嫁ちゃんが死なないでくれた事のが大きいから…」

もう少し上手く言いたかったが、あの時の俺には、これが精一杯だった。

というか、もっとたどたどしかったかも「…それじゃあ、よろしくお願いします」
嫁はそう言って、俺を抱きしめた

受け入れてくれた嬉しさと、初めて密着した柔らかさに胸の動悸が爆発しそうだった

突き合ったのは、それから8ヶ月後www

そんな感じで付き合い始め、今から二年前位前に籍をいれた

少し前に、お礼を言った道を通ったら、誰かに言いたくなったんだ

言わせてくれてありがとう!

530: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/22(火) 11:45:36.67

よっしゃ!年上嫁、いいねえ~

こちらも読まれています

シェアする

スポンサーリンク