【びっくりポン】3時間無言電話してた事務員。何してたの?

おすすめ記事
スポンサーリンク

mohamed1982eg / Pixabay

事務員が電話の受話器を肩に挟んだままPC打ってた。顧客からの電話かな、と思いつつ
、とそれから三時間まったく姿勢変わらず >> 我慢強い事務員だな…

引用元: ・http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1379395912/

677: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 16:06:51.30 ID:NxiVftja
何年か前に勤めてた職場での話
昼休憩でちょっと出かけて戻ってきたら、もう一人いる事務員が電話の受話器を肩に挟んだままPC打ってた
顧客からの電話かな、と思いつつ、でも無言だしなー何やってんだろ、とそれから三時間まったく姿勢変わらず
いくら暇な部署だからって限度がある
いいかげん「何やってんの?」と聞いたら「うん? 無言電話」と返事が
しばらく前から職場に無言電話が掛かってて、コレ以上続くなら警察に相談しようかって話になってた
どうやら昼に掛かってきた無言電話をそのまま放置してたらしい
見てるとこちらの会話に気付いたのか向こうから何かのリアクションがあった様子
いくつか会話して受話器を置いた事務員に何があったか聞いてみた
「なんかさー向こうもずっと受話器持ってたみたいだねー」
最後に「ずっと聞いてたんですか?」と向こうから問われて
「ご用件をお客様からお聞きするまではこちらから電話を切れませんので」と答えたら
「今までごめんなさい、ありがとうございました」と言って切れたそうだ
それ以降、無言電話が掛かってくることはありませんでしたとさ
めでたしめでたし

679: 蠍 ◆l2.NWrKO3. 2013/09/28(土) 16:24:56.45 ID:g86E+83k
>>677
素敵やん

678: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 16:14:59.31 ID:1pVuNBWJ
武勇伝だなw

680: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 16:40:58.27 ID:CKQgnNDM
んだ
武勇伝だ

681: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 16:52:42.67 ID:NxiVftja
武勇伝かー 
無言電話に三時間付き合ってる人間は結構衝撃的だったんだけどw

685: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 17:12:54.61 ID:LNRr1wqI

>>681
やっぱ、その線で書いてるよな。

「いくら暇な部署だからって限度がある」から呆れた話に見えたが、趣旨を読み違えたのかと思ったよ。

妙な意固地スイッチが入ってしまった人は、ときどき遭遇するな。

 

686: 蠍 ◆l2.NWrKO3. 2013/09/28(土) 17:23:34.51 ID:g86E+83k
>>685
寧ろ、呆れた話に見せかけた素敵な同僚への喝采でしょ
嫌な上司役の平泉成さんが最後の方で呟く「勝手にしろ」的なw

 

682: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 16:58:51.50 ID:4Qdk5aER
スピーカーに切り替えるとかできなかったのかな。

683: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 17:05:37.61 ID:CKQgnNDM
>>682
向こうの音が聞こえなくなったらたぶん切ると思う
>「ずっと聞いてたんですか?」と向こうから問われて
ってびっくりしてる通り、無言電話の人って基本は相手をして欲しい人だし

684: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 17:07:41.82 ID:NxiVftja
割りと天然さんだったからねえ
以前から保留して上司に取り次ぎしつつうっかり電話を切ったりしてたから、一度取った受話器を手放せなかったんだと思うw

687: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 18:44:41.66 ID:yg6HX51F
もちろん回線は複数あるんだよな?
じゃないと別人からの電話はずっと話中でまたされることになると思うんだが。

 

688: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 19:43:38.01 ID:woREIlsd
>>687
複数回線ですよもちろん
当たり前でしょ

689: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 19:49:36.40 ID:NxiVftja
外部回線は三本で社内回線が一本だったかな?
日曜の午後だったから他の電話が掛かってくることは無かったんだけど、日曜は会社が休みだって思い込んでる人が多いから事務は暇だって入社時に教わりましたw
こちらも読まれています

シェアする

スポンサーリンク