【びっくりポン】子供の頃、窒息で2度死にそうな思いをした私。

おすすめ記事
スポンサーリンク

greenspc / Pixabay

1度目は、父と姉と3人で家の中で遊んでいる時。2人が自分に毛布を掛けて、押さえつけてきたんです。 >> いったい何の遊びしていたのかね。プロレス?

引用元: ・https://www.logsoku.com/r/open2ch.net/kankon/1406115142/

340: 2014/08/10(日)22:56:43 ID:

そして自分も、ささやかな修羅場を書いていきますね。

それはもう20年は前の事。子供の頃、窒息で2度死にそうな思いをした時。

1度目は、父と姉と3人で家の中で遊んでいる時。2人が自分に毛布を掛けて、押さえつけてきたんです。

よくあるおふざけでしたし、しょっちゅうやっていた事で、自分も楽しんでいたかと思いますが、この日は押さえ所が悪かったのか、息苦しさを感じました。

段々と意識が遠のいていき『もうすぐ死んじゃうのかな?』という事を考え始めた頃遊びは終わり、ホッと胸をなでおろした事を今でも覚えています。

2度目はやはり20年ほど前。家族団欒の食事時。我が家は4人家族で、いつもコタツを囲んで食事をしていました。

その日はおかずにお肉が出たのですが、自分の分に硬い筋が付いた肉が入っていて、なかなか噛み切れませんでした。

こういう場合、吐き出してしまえばいいのですが、もったいないと思ったのでしょうか?

自分は噛み切れないまま飲み込もうとしました。

でも飲み込めません。肉が喉につっかえてしまったのです。

息苦しくて自分は一人もがき、パニックに陥りました。

そしてやっとの事で自分で口に手を入れて、肉を取り出し胸をなでおろした時、家族は何事もないかのように、いつもどおり食事を続けていました。

当時の自分がそれをどう思ったかは、もう覚えてませんが、今その出来事を思い出すと、「自分はどこかのリアル光学迷彩の女子高生キャラクターか!」と、自分で自分に突っ込みを入れたくなります。

と、まとめサイトで(突飛な事を書いたせいもあるけど)統失とか、頭弱そうな文章とか、色々書かれてしまい、文章をまともに読めるようにしようとしたけど、何かコレジャナイ感があり、若干しょげてるメンヘラが通りますよ~っと。

341: 2014/08/10(日)22:59:34 ID:
酸欠で人より多くの脳細胞が死んだとしか思えない文章
こちらも読まれています

シェアする

スポンサーリンク