職場のA子と結婚するから別れてほしいと言われた。可愛らしく、小柄で巨にゅうだと。しかし…

おすすめ記事
スポンサーリンク

holdosi / Pixabay

「お前は家事や仕事がテキパキしすぎて女を感じなくなった。寝不足な表情で娘に乳をやってる姿にもう性的魅力の欠片もない」という事だった。

引用元: ・https://www.logsoku.com/r/open2ch.net/kankon/1427080256/

801: 名無しさん@おーぷん 2015/04/24(金)17:21:47 ID:
勘助要素も入っているがこちらに投下。
うちの元旦那は職場の20代の女性A子と結婚するからわかれてほしいと物凄く上から目線で言ってきた。
「お前は家事や仕事がテキパキしすぎて女を感じなくなった。寝不足な表情で娘に乳をやってる姿にもう性的魅力の欠片もない」という事だった。
それに比べてA子は少しおっちょこちょいなところがあって可愛らしく、小柄で巨にゅう。
養うならA子だと鼻高々に言われました。
養うってwあんた私の3分の2しか稼げてないじゃん。
離婚前に元旦那本人から証拠をドカンと置いていったので、A子共々地獄を見てもらおうとしたら何かおかしい。

802: 名無しさん@おーぷん 2015/04/24(金)17:35:58 ID:

A子は既婚で、闘病中の旦那さんと絶賛ラブラブ中だった。

どうやら元旦那は会社内でチラッと聞いた会話で妄想を爆発させたらしい。

A子がある日、旦那さんから離婚してほしいと言われた。理由は旦那さんの病気。

病気ゆえに働く事ができず、入院費がかさむばかりでA子に苦労かけてしまう。

A子はまだ20代だし次があるからと離婚を口にしたんだそうだ。

でもA子は旦那さんを愛しており、他の男性には目が行かない。

一緒に病気と戦って幸せになろうね!と離婚しなかった。

A子は会社で気の合う同僚に離婚するかも・・・と話していた。

「離婚」だけ聞いて都合よく他のセリフを聞かなかった元旦那は燃え上がった。

加えて、日頃誰にでも愛想の良かったらしいA子。

元旦那は「離婚して俺と再婚を望んでいるんだ。なんて可愛らしい!」と拗らせまくって、私に上記のセリフ。

勘助のテンプレを地で行くように、告白や交際をすっ飛ばしていたわけだ。

A子が離婚するわけでも元旦那を好きなわけでもないとわかっても、さっさと離婚したいと私に訴えてきたので大喜びで判を押した。

803: 名無しさん@おーぷん 2015/04/24(金)17:49:03 ID:

その後、元旦那は居づらくなったせいで退職。

何故か退職の恨みをA子の旦那さんに向けて病院に凸した。

受け付けなどには寄らず、ひたすら入院部屋に掲げられてるネームプレートを見て1時間かけて探し出し、旦那さんを見つけ出した。

カタワ、欠陥品、アレも立たない女も満足させられない、離婚しろ離婚しろと罵詈雑言をぶつけまくったそうだ。

もちろん警察に通報されて終わり。

警察に入られて途端に大人しくなった元旦那は、以降トラブルは起こしていない。

この件で私とA子は友人同士になった。A子側が面倒で自分に良からぬ妄想を繰り広げ、旦那に罵詈雑言を浴びせた男の元妻というフィルターもかけずに仲良くしてくれている。

お互い変な男に・・・から始まり、会話も趣味もやたらとウマが合う。

だがしかし、A子の旦那さんは残念ながら亡くなってしまった。

亡くなってから数年たつが、再婚する気も恋愛する気も無いと言っていた。

それだけ亡くなった旦那さんが好きなんだそうだ。

804: 名無しさん@おーぷん 2015/04/24(金)18:04:59 ID:
A子さんいい人や しかも巨にゅうw
俺が新婚(10年目)じゃ無ければ惚れていたところだ

805: 2015/04/24(金)18:20:26 ID:
>>804
結婚10年は新婚なのか~!?

806: 2015/04/24(金)18:24:12 ID:
>>805
いつまでも新婚と同じでラブラブ夫婦って惚気てんだよ
って言わせるなよ恥ずかしいなあ

 

807: 名無しさん@おーぷん 2015/04/24(金)18:31:32 ID:
仲良く金婚式や銀婚式を迎えようと思ったら、10年なんてまだまだ駆け出しだぜ
というわけでA子さん、君の気持ちに答えられなくてゴメン  ←勘助

808: 2015/04/24(金)18:38:08 ID:

>>803
A子さんいい人だね。

それだけに思い込み&A子旦那さんに凸して、死期を早めた元旦那に憎しみを感じるよ。

>>804
はいはいご馳走さん。もげてしまえw

809: 2015/04/24(金)21:33:40 ID:
何この流れキモい
こちらも読まれています

シェアする

スポンサーリンク