【二人の出会い】俺33歳、ドイツ留学で嫁(学生)に出会う。長い金髪、青い目、美しい顔立ち、 完全に一目ぼれでした…

おすすめ記事
スポンサーリンク

ELANUSA / Pixabay

今は日本で暮らしオレの両親ともとても仲良くやっている。子供も生まれて幸せです。 >> 国際結婚になると嫁の実家の家族が寂しがると思うが、そっちの方も気にしてやれよ。

引用元: ・http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1223993016/

243: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/02(木) 14:48:20
留学先で出会った。
33歳の時、専門領域の関係でドイツに留学していた。
たまたま日本語学科で勉強している学生さんがいるからと指導教官から紹介してもらったのが今の妻。
最初、当時の妻は単に日本語の練習のつもりで来たんだと思う。
初めて会った時、彼女(嫁)の少しくすんだ長い金髪と灰色に近い青い目と美しい顔立ち、十分な教育を受けてきたと感じさせる品の良さに完全に一目ぼれした。
そこから彼女は日本語で、オレはドイツ語で話すというへんてこな会話で、レストランの隣の客たちにほのぼのした笑いを提供した。
何度もデートを重ね、三ヶ月後にオレは帰国。その後も当時は高い国際電話を毎日かけた。
毎月の10万近い電話代もつらく感じなかった。
妻が大学院を卒業するまでと、2年間の国際遠距離恋愛の末めでたく結婚。
結婚式は、ドイツのカトリック教会で。
この結婚のためオレはわざわざ洗礼を受けた。
式では、感極まってしまって不覚にもオレが号泣した(笑)。
そしてなぜかオレの親父も号泣した(笑)。
披露宴では親族達の前で妻と映画のワンシーンのようにワルツを踊った。
今は日本で暮らしオレの両親ともとても仲良くやっている。
子供も生まれて幸せです。
こちらも読まれています

シェアする

スポンサーリンク